banner

購入してリノベーション

東京の厚木で戸建てを購入してリノベーション

厚木市は東京都の1つの市です。人口は八王子市に続いて多いのが特徴です。

厚木駅は、小田急線と横浜線の2路線が乗り入れを行っており、新宿までは特急を利用して約30分、横浜線の八王子駅までは約20分、東海道新幹線の停車駅でもある新横浜駅までは約17分と何れも交通のアクセスが良い環境にあります。

因みに、厚木市から徒歩9分のエリアに、原厚木と言うエリアが有ります。

駅から徒歩圏ですので当然土地価格も高めになりますし、東京都という事からも、土地の価格自体はお隣の神奈川県の相模原市と比較をしても高めになります。

駅から近い事からもこのエリアの土地の取引価格は1坪当たり220万円と言う金額になるのですが、東京の中から見た厚木市の土地価格の平均は53.57万円になっています。

尚、これは東京の中での土地の取引価格(2013年度)において、40位のランキングであり、国分寺市は30位で87.21万円、立川市は32位で78.51万円、多摩市は34位で67.7万円、八王子市においては46位で、40.15万円と言う平均相場価格になっています。

戸建てなどの住宅を購入する場合は、この土地価格を切り離す事は出来ませんが、戸建ての場合は土地価格と建物価格の合計で販売が行われています。

土地価格は、新築でも中古でも基本的には変わりは在りませんが、建物においては年々価値が下がる事になりますので、築年数が経過している物件の販売価格は新築と比べてみても安くなるのです。

中古の戸建てを購入してリノベーションリフォームを行う人も多くなっています。駅から近い物件を考えたい人の中には、土地のある環境を優先し、建物は築年数が経過していても良いと言う考えを持つ人もいるのです。

駅から近い場所に在る土地は、価値として高く評価されやすく、売る時も有利になると言われています。バスに20分乗って帰宅するよりも、駅から徒歩10分や15分で行き来が出来る物件を求める人が多いと言います。

戸建てにおけるリノベーションと言うのは、別名スケルトンリフォームとも言われているもので、スケルトンと言うのは透明と言う意味を持ちます。リノベーションは、戸建て住宅の構造部分だけを残して、他は全て解体をします。

これは戸建てを新築で鵜作る時に骨組みの状態になるのと同じで、ここから新しい間取りを作り上げていくのです。通常のリフォームでは出来ないとされる配管の移動などもリノベーションであれば自由に変更出来ますので、水周り利の位置を変える事も可能になると言う特徴があるのです。”

Copyright(c) 2018 厚木で失敗しない一戸建てを建てるために必要な要素を検討し建てましょう。All Rights Reserved.