banner

住宅の向き

厚木で購入する一戸建て住宅の向き

一戸建て住宅は土地を含めて全てが自分のものになるため満足度の高い形態と言えますが、厚木で一戸建て住宅を購入する際には日当たりの良さを意識して方角を選ぶことが大切です。

もちろん厚木だけとは言わずどこの地域に一戸建て住宅を購入する場合でも同じですが、基本的には日当たりの良い南向きが最適な方角と言えます。

日当たりが良いことで得られるメリットは、単純に日当たりが良いだけではなく様々な影響が出てきます。日当たりがよく風通しの良い住宅は湿気がたまりませんので、特に木造住宅の場合には木材の腐食や劣化を抑えることが可能です。

寿命が延びますのでそれだけ長く住むことが可能ですし、リフォームなどにかかる費用も抑えることが可能です。湿気の多い一戸建ては木材に悪影響があるだけではなく、結露が多く発生しますし壁紙の傷みも早くなってしまいます。日当たりの良い南向きは湿気を溜め込まない住宅にすることが可能ですから、建物本体にも良いですし住環境を良好に保つことができるのです。

厚木で一戸建て住宅を購入する際には、南向きを選ぶことが基本ですが、南と言っても東もあれば西もありますので、生活環境に合わせて選ぶことも必要です。

南西のに向いていると午前中には日差しがあたりませんが、午後からは西日の影響によって良好な日差しが確保できます。夏場の西日は良いとはいえませんが、冬場の西日は建物内を暖かく保つことができますし、気温の下がる夕方まで効率よく建物内を暖めてくれるのです。一方で南東側の場合には午前中の日当たりが良いため、朝方の生活スタイルには最高の条件が揃います。

午後からの日差しは期待できませんが、午前中に自宅にいる機会の多い人には最適なのです。日当たりの良さで選べば南東か南西となりますが、分譲地では南東に向いている区画が最も条件が良いとされています。南東の角地には日差しを遮る建物が建ちにくいというのが理由となりますが、厚木で一戸建て住宅を購入する際にも、できるだけ日差しを遮る建物がないところを選ぶことが大切です。南向きの区画が良い理由には、間取りの自由度が高いという点も理由となります。

南向きの一戸建て住宅は、居間や寝室といった居室に良好な日当たりを確保できますが、北側の区画では南側に居間などの居室を設けるとプライバシーの確保が難しいと言う点があるのです。日当たりの良さは方角によって決まりますが、南側に向いている建物ほどメリットが多いのです。”

Copyright(c) 2018 厚木で失敗しない一戸建てを建てるために必要な要素を検討し建てましょう。All Rights Reserved.